はじめての引越し-新生活を迎える一人暮らし

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > 少しでも安く引越しをしたい場合
少しでも安く引越しをしたい場合

引越し業者に引越しを依頼する場合、同じ内容でもスケジュールによって料金が大きく異なってくる場合があります。
そのポイントをうまく活用することで、お得な料金で引越しを依頼することも可能なのです。
まず平日か休日か。
原則として引越し業者が忙しい日時には、料金が高く、そうでない場合には安くなります。
ですから、平日に依頼した方が割安で利用することができるのです。
仕事の都合などもあるでしょうが、どうせ依頼するなら平日に依頼するようにしたいものです。
それから午前か午後か。
これに関しては、午後の方が料金が安くなります。
午前中に行う引越しの予定が延びて時間通りに行うことができなくなったり、作業が終了するのが夜遅くなるといった事態が起こりうるからです。
遅くなりすぎて近隣に迷惑をかけないよう、注意が必要となりますが、これも時間の都合がつくならぜひ利用したいポイントです。

あまり知られていないポイントとして、六曜があります。
大安、仏滅といった暦です。
引越しでは、仏滅と友引の日はできるだけ避けるという習慣が昔からあります。
実際引っ越し業者への予約も、仏滅と友引には少ないと言われており、あえて予約を入れることで料金の割引や交渉の余地が生まれやすくなります。
日常生活で意識することがほとんどない部分だけに、これもうまく活用したいところでしょう。

このように、引越し料金を安くできる要素があります。
できるだけ、業者の都合のよい日時を選ぶことが最大のポイントなるかもしれません。

関連エントリー
Copyright © 2009 はじめての引越し-新生活を迎える一人暮らし . All rights reserved