はじめての引越し-新生活を迎える一人暮らし

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > 引越し業者とのトラブル
引越し業者とのトラブル

引越し作業はできるだけ滞りなく行いたいものですが、残念ながらトラブルに見舞われることもあります。
特に注意が必要なのが、引っ越し業者とのトラブルです。
これを防ぐためには、あらかじめ注意点や対策を踏まえておくことが求められます。

まず荷物が破損したり、傷つい閉まった場合。
業者の作業員が原因で発生した場合は、補償の対象となります。
この際注意が必要なのは、その場で文句を言い立てるのではなく、後で引越し業者にクレームをつけることです。
補償については作業員が独自に判断できるものではないため、後で担当員と話し合った上で、補償額や方法が話し合われることになります。
逆に時間を置き過ぎてもいけません。
原則として、破損や傷による補償は3ヵ月以内に申立てをしなければ適用されないのです。
業者側の過失を証明するためにも早めの対処が求められます。

もうひとつは、追加料金の問題。
引越し作業中、あるいは作業後に追加料金を請求されることもあります。
当初思っていた以上に費用がかかってもめることもあるのです。
まず料金体系をしっかりと把握しておくこと、そしてその追加料金の請求が正当なものであるのかどうかを判断することが必要になってきます。
業者の単純な見積もりミスであったり、こちらの把握が間違っている場合があるほか、悪質な業者である可能性もあるため、自衛のためにもこれは重要です。

トラブルは避けるに越したことはありませんが、もし生じた場合もこちらが損したり、泣き寝入りするようなことがないようにしたいものです。

関連エントリー
Copyright © 2009 はじめての引越し-新生活を迎える一人暮らし . All rights reserved